泣いても笑っても、今日は金曜日というメリハリの付け方

カレンダー通りの勤務なら、金曜日は1週間の仕事を締めくくる日。

この日の仕事を終えれば、休みです。

月曜から仕事をスタートして、金曜日までの5日間、どんな心持ちで仕事に取り組んできたでしょうか。

この心持ちを『ウキウキワクワク元気度』で測るとすると、満タンの100%で始まり、金曜にかけて段々と減少、、、土日で回復して、また月曜から100%になる感じでしょうか。

それとも、月曜は10%でスタートして、土日の休みに向けて段々と上昇、、、土日に100%を迎えるとか。

または、平日はひたすら10%の低空飛行で、土日に100%になる?

人それぞれですね。

わたしたちは人間なので、いつも同じカラダの状態、ココロの状態というものはなく、常に変化しています。

目の前の仕事も、前日と全く同じということはなく、常に変化した状態でそこに存在していると思います。

そして、時間は1秒ずつ一定に、時を刻んでいます。

つまり、自分にどんなことが起きようと、休みは必ずやってくる。

そして、今日過ごした金曜日という時間は、過去へ行ってしまう。戻ってこない。

時間が、自分のために止まってくれる、待ってくれるなんてことはないんですね。

この無常に過ぎ去っていく時間、せっかく生きているのであれば、できるだけ楽しく味わえないものか。

「仕事の対価として給料があるのだから、責任持って働くべし」

「自分に与えられた役割を、ミスなくしっかり全うしないと!」

こういう心持ちで臨むことは、今後の成長につながりますし、プロとして働く上で必要なマインドであると考えていますが、常にこんな風に気を張った状態でいると、どこかに歪みが出てきてしまうのではないかと思います。

とりあえず、あと1日働けば休み。

休むために、働く。

ちゃんと休みを楽しむために、ちゃんと働く。

これくらいの気軽さを持ち合わせても、いいんじゃなかろうか。

金曜日に、ちょっとイヤなことがあっても、休みは翌日必ずやってくるもの。

何かミスっても、恥をかいても、それはその時に起きたこと。起きてしまったこと。仕方ないもの。

それよりも、必ずやってくる休みをいかに有意義に過ごすか。楽しむか。

こっちに意識を向けてみると、平日の仕事時間の過ごし方が変わるかも、と思いました。

毎日働けるのは、自分のココロとカラダがちゃんと動いてくれているから

そのココロとカラダを健康に保つために、気楽に、適当でいる自分も作るということは大切だと思います。

仕事は仕事できちんとやる。そして、休む。

こんなメリハリを自分に持たせる言葉として、『泣いても笑っても、今日は金曜日』というのは、ふとした瞬間に思いついた言葉でしたが、「なかなかいいじゃん」とニンマリした次第です。

UK発祥の次世代心理測定ツールで自分軸の働き方を手に入れる

次世代型心理測定ツール「Lumina Spark」で、自分の強みや特徴を『色(Color)』で認識。多様な社会において、自分らしい働き方、リーダーシップ、マネジメントの発揮をサポートするコーチングサービスです。