生き方

生き方

笑顔がチームに与えるパワーは太陽のようなもの

チームの中に1人不機嫌な人がいると、その不機嫌さがチームへどんどん伝播していき、チーム全体の雰囲気が重くなっていくのは、色々なチームで仕事をしてきましたが、どこでも共通の事象だなぁと感じています。 これが1日だけ、1回だけのものであ...
生き方

30kmを3時間以内で走れて「人は死ぬまで成長できる」と思った

20km以上に初挑戦 1月29日(土)に『立川ランニングフェスタin昭和記念公園』を走ってきました。 近場で参加できそうなフルマラソンが概ね中止となっていた中で、ここの『30kmコース』が開催予定となっていたのでエントリー。 ...
生き方

『大人の節目のサイコロトーク』は気づきも学びもたっぷり人生の本棚だった

9/18㈯の朝10時から、『中高年をもっと味わい愉しむ、人生節目のサイコロトーク #1「喜怒哀楽」』オンラインイベントを、『イケマティックサーベイ Ikematic Survey』 さんと共同開催させていただきました。 イケマティッ...
生き方

『何か違う』という直感を最大限に活かす6つのプロセス

仕事をしていたり、生活しているときにふと、、 「んー、、何か違うなぁ、、」 「何となく、変な感じがするなぁ、、」 こんな『違和感』を感じたことはありませんか? この『何か違う』という『違和感』は、今そのときに、あな...
生き方

人も組織も無理なく自然な社会へ

先日、Re・rise News の川名哲人さんから、オンラインインタビューを受ける機会をいただきました。 そのときのテーマが「自分の夢やビジョン」に関するものであり、この半年くらい様々な活動を通して得たインプットをもとに、ビジョン(...
生き方

あいさつはたくさんのメリットが詰まった言葉なんだ

今朝、駅の改札で警備をしている20代のお兄さんが、改札を行き交う人たちに向けて 「おはよーございまーす」「おはよーございまーす!」 と、自動音声のように繰り返していました。 この声が耳に入ってきたとき、瞬間的に「...
生き方

思い込みの枠を外せば視界が開けて前に進んでいく

最近、いくつかのプロジェクトチームでドキュメントのアウトプットやイベントの企画・実行のタスクがミルフィーユのように重なり、無意識に「行動した先の結果が良いものであるべき」という成果・結果重視の思考に陥っていました。 この状態になると...
生き方

パッションは勝手に湧き出る泉だから、止めない、塞がない

先週末、大地(森)の再生活動を展開しているCoToLiの森で、次回以降のイベントについて現地でブレストすることとあわせて、「大人がパッションをそのまま実現していける世界にするには?」というテーマも扱ってみることにしました。 ...
生き方

とんでもなく大変なことが起きたときは変容の機会

生きていると、何かのタイミングでとんでもなく大変なことが起きます。 突然、会社が潰れるので解雇を言い渡された。 トントン拍子で進んでいた事業が急に中止となりお金と人の信用を失った。 全然経験のない部署へ異動になり全く役に立っていない。 ...
生き方

本番で70%でも出来ればそれで良しとする

東京都府中市の地域活動に参画しています。 2019年の春、それより少し前に開催されたイベントで知り合ったミュージシャンの方が 「何かしらの理由で自分に自信が持てない人たちが、音楽に触れる(歌う、演奏する、踊るなど)ことで楽しいという感情を...
タイトルとURLをコピーしました