大地の再生実験レポ(10/17)

9月末に防草シートを取り除いて、点穴掘りと落ち葉のグランドカバーをしてから数週間。

当時の内容はこちら↓

炭を調達したので、点穴や水脈作りに使おうかと思ったら、あいにくの雨で作業は中止、、

数週間で何か小さな変化はあるのかな?と思い、現地の様子を見にいってみました。

まず、↑テカテカでカチカチの土だったところは、小さな下草っぽいのが生えてきた。

↑の畑の入り口から奥に入ったところは、だいぶ活気のよい感じ。

もともと樹の根本には下草がしっかり生えていました(防草シートがなかった部分なので)が、それが横へ横へ、伝播していっているように見えました。

ここ↑は、落ち葉が足りず、地面むき出しの場所。

とりあえず、雨水の通り道として、表層から5cmほど水脈を移植ゴテで掘っておきましたが、ちゃんと雨水の流れ道にはなっているようです。

ひとまず、何もしなかったときよりは、何か変化が起きていたことは確認できました。

「何も変わっていないじゃないか」と、大きな変化を期待せず、『小さな変化がどこかに起きていないか?』の視点で物事を見て、その小さな変化を見つけたら、ちゃんと認識して、認めてあげる。

これは、自然に限らず、人や組織においても必要な視点だと、改めて思いました。

市場の変化へ素早く適応できる事業と組織を作る

週に1度の振り返りとプランニングを通して、周辺環境の変化へ柔軟に適応した事業と組織作りを実現するハンズオンのコーチングサービスです。