Lumina Spark について

Lumina Sparkは、人の多様性を認めた自分らしいコミュニケーション・マネジメント・リーダーシップの為に開発されたソリューションです。業界・役職・役割問わず活用されています。

2008年にイギリスで生まれ、個人やチームがより効率良く仕事をする(職場の人間関係・チームワーク・生産性の向上)為に役立つ「次世代型の心理測定ツール」として展開されてきました。

カラフルなイメージで自分の行動特性を認識でき、他人と協調した働き方について多くの気付きを得ることができます。

得られる効果

仕事における様々な課題や悩みに対して、共通して「自己認識を最大限に高める」効果を発揮します。

この自己認識を高めることで、職場で最も必要とされるスキルと言われる

順応性、機敏性・俊敏性(アジリティー)、思考と感情に向き合い自ら変化する力、人間関係構築力、周囲の巻き込み力

これらを大きく伸ばすことが可能です。

具体的にはこのような効果が得られます

  • 自分では気付いていなかった強みや特徴が分かり、コミュニケーションに幅が生まれる
  • 相手を多面的に捉えることができるようになり、相手を活かすコミュニケーションスタイルが身につく
  • 弱みも強みであり、また強みが弱みになることを理解し、状況により思考と感情のコントロールが可能になる
  • 仕事における自分のあり方、表現方法、判断軸を確立できる

144の質問に答えて生涯使える「自分の取説」が手に入る

現代のビジネス心理学研究に基づき設計された144の質問にオンラインで回答いただくことで(所要30分前後)、約40ページに渡る心理測定プロファイルが得られます(PDFでお渡しします)。

このプロファイルは、

「自分がどういう人間なのか」

「性格、特性としてどのようなものがあるのか」

「潜在的に持っている強みと、強みの伸ばし方」

「状況に応じて発揮される個性」

などが分析され、表現された自分だけの唯一無二のレポートです。

1度診断して読んで終わりということではなく、自己認識を深めていく過程で読み返す度に様々な気付きやヒントを与えてくれます

まさに「自分の取説」として、長年重宝していただけるものです。

具体的な構成は

  • 4つの思考(カラー)
  • 8つの心理的傾向(アスペクト)
  • 24の資質(クオリティ)

の3段構成で、詳細に心理分析が行われ、色で表現されています。

また「3つのペルソナ」という、3つの状況に応じた性格や行動特性が示されています。

この「自分の取説」を用いて自己認識を高め、自分の中に隠れた可能性を引き出し、状況に応じたベストな自分を創り上げることが可能です。

職場でのプレゼンテーションやファシリテーション、チーム業務への協力またはリード、社内教育や研修、1on1でのセッション(評価や定期面談など)など、自分の置かれた環境や役割に応じて幅広くご活用いただけます。

3つのペルソナ(Lumina Sparkだけの最大の特徴)

人間は、状況によって顔を使い分けるという複雑性を備えている生き物です。この複雑性を3つの状況(シチュエーション)にパターン化し、それぞれの状況で人間がどのような言動をするのかを「ペルソナ」として表現しています

この3つのペルソナは以下の通りです。

  1. 日常の自分
    職場や知人友人に見せている日常的な自分。日常的な言動として、自分自身も認識できている状態。
  2. 内在する自分
    自分の中に内在(潜在的に存在)する自分。完全に自然体になったときに現れる自分。本来の生き方や好み、自然な傾向が見れる。
  3. 行き過ぎたときの自分
    何かしら強いストレスがかかったときに現れる自分。本来持っている良い部分や強みとしていたことが出すぎてしまう状態。

ペルソナはそれぞれ、24の行動資質の割合(棒グラフ)と文章による補足説明で表されているため、自分自身が3つの状況においてどのように変化するかを具体化、言語化して認識することができます

これにより、自分なりのストレスや自己管理力改善、相手にとって心地よいコニュニケーションの取り方のヒントや気付きが得られます。

仕事における成果や生産性を高めるには、ともに働く人たちとの関係性が密接に関わってきます。

この関係性は、自分自身のコミュニケーションのあり方でより良いものにすることができます。

3つのペルソナから自己認識を深め、仕事における自分の言動を大きく変容させていただければと思います。

サービス

Lumina Spark のプロファイルやソリューション、メソッドを活用したサービスを法人向け・個人向けに用意しています。

ご利用いただいたクライアントの声

プロファイルを利用したコーチングセッションやワークショップをご利用いただいたクライアントのみなさまからのお声をいくつか紹介します。

Y様(50代経営者・女性)

自分と同じ人など1人もいないということへの気付き。
これが何よりも大きかったです。
今までの性格診断や心理測定では、「自分はここが弱いだろう」と言われ、それをどう強化するかという視点でした。
それがこのLumina Sparkでは、「弱みだと思っていたところが実はそこそこの強みだった」という視点を与えてくれて、そのことがとても嬉しく、前向きな気持ちになりました。

I様(40代経営者・男性)

私は、事業承継のお話をいただいて管理職を経験せずに経営者になりましたので、社員とのコミュニケーションを円滑に行うための助けと思い、コーチングを受けました。
Lumina Sparkのプロファイルを通して、マンダラの色や形で自身の特徴が良く分かり、異なる色の方にはどのような伝え方をすればよいのかわかりました。
また、強みと思っていた個性が時として相手を傷つける両面性を持っていることに気づかせてもらい、目から鱗でした。
Lumina Sparkはお互いを知る良いツールなので、社員にも勧めて受けてもらおうと考えています。
また、私のお客様にも積極的に勧めていこうと思います。

I様(40代フリーランス・男性)

色を通して自分と相手の個性を知れることがとにかく斬新でした。
色というのは誰でも身近にあるものなので、その色と特徴が感覚的に認識できるあたりが私にはとてもフィットしています。
またこのセッションを通して、人それぞれ凸凹があって良く、お互いに活かしあうことができるという気づきが生まれ、「苦手なところは手放せば良いんだ」ということを学びました。

S様(30代管理職・女性)

仕事をする上でチームワークは欠かせませんが、自分がまとめているチームがうまく機能しない原因がわからないでいました。
そんな時に、Lumina Sparkを受けコーチに解説してもらうことで自分の個性を客観視することができ、チームをまとめていくために自分が持っている良いところと、意識して気をつけた方がいいところに気づくことができました。
色で示されることで自分の個性をイメージしやすかったです。
あらゆる状況や場面で自分がどう行動したり発言した方がいいのか、指針が持てました。

M様(30代リーダー・男性)

自分の事がチームのみんなからどう見られているかが分かりました、
これを知っていれば、チームでもっとうまくコミュニケーションが取りつつ、彼らが協調性を持って取り組んでくれる状態が作れると思いました。
同じような悩みを持つ管理職が他にもいると思うので、こういう方々にはとても有用だと感じています。

T様(20代リーダー・男性)

配属当時から上司とのウマが合わず、言動のひとつひとつが気になり違和感というか嫌悪感に近いものを持っていました。
しかし、Lumina Spark のプロファイルから自分自身を細かく見ていくと、自分自身が上司と同じ嫌なコミュニケーションをしていたことに気づき愕然としました。
まるで自分の鏡のように上司が存在していた為に拒否反応が出ていたことが分かったので、どの部分を変えていくと良いかを考えながらコミュニケーションを取れるようになりました。
リーダー職として部下との接点も多く、自分を理解すれば部下とより心地よいコミュニケーションが取れるようになるので、1+1=2以上のチームが作れるなと感じました。

Lumina Spark プラクティショナーとして

私がLumina Sparkを知ったのは数年前。エグゼクティブコーチングを受けた際、私自身のマネジメント、リーダーシップスタイルを認識するために測定することを勧められました。

当時、私は(おそらく多くの方と同じように)「マネージャーやリーダーというのは、ある意味、完璧ではなくてはならない。欠点や弱みは克服・強化する必要がある」と考えていました。

ですから、その測定結果がどうなのか、少し憂鬱な気もしていました。

しかし結果を受け取り、その解説を受けて驚きました。自分への発見はもちろん、それ以上にLuminaの「人の捉え方」が多面的で深かったのです。

Luminaでは、人の特徴を強い弱い、良い悪いとは捉えません。

他人より長けている所、相反する特徴の両方を持ち合わせていると考えます。

他人より劣るところは長所で補う、あるいは他人の長所を生かして補うことを提案しています。

速定結果(プロファイル)には、長所も状況によって短所に変わる二面性があること、それが起きる状況も記載されていました。それに目を通しながら、私は人間がいかに複雑で多様な生き物であるか、全ての要素で自分が形成されており、状況や場面に応じて表現の仕方が変わるという新しい視点を覚えました。

これにより、自分も含め人間は多様であり、自分は自分でいいんだと思えるようになったのです。

強み・弱みはあるが、それを良し悪しで考えず、弱みも自分の一部分として捉えられるようになったので、どんどん力みが抜けて自然体で振る舞えるようなっています。多くの診断ツールは人の強みのみを切り出してその人を表現をすることが多いですが、Luminaは全ての要素に濃淡があり、これによりあなたという個が形成されていると表現します。

このLuminaをきっかけに、自分に心から「いいね!」と言える毎日を送れる人が増えることを願っています。

参考

このLumina Sparkは、企業や個人で利用されている様々な心理測定ツールの原理となっている、ユングの分析心理学とBig5理論の心理傾向理論をベースにしています。英国ウエストミンスター大学により最新の実証研究が行われ、同じく英国のルミナラーニング社により設計された、世界最新鋭の心理測定・自己分析ツールと言われています。

世界30か国、1,000社で導入されていますが、イギリス発祥ということもあり外資系企業(Microsoft、Coca-Cola、AMEXなど)での導入が進んでいます。日系企業ではLIXIL、三井物産、日立電線などがあります。(その他の導入企業例:adidas、メットライフ生命、Brother、TESCO、L’Orealなど ※Lumina Learning 公式HPより引用)

UK発祥の次世代心理測定ツールで自分軸の働き方を手に入れる

次世代型心理測定ツール「Lumina Spark」で、自分の強みや特徴を『色(Color)』で認識。多様な社会において、自分らしい働き方、リーダーシップ、マネジメントの発揮をサポートするコーチングサービスです。