『大人の節目のサイコロトーク』は気づきも学びもたっぷり人生の本棚だった

9/18㈯の朝10時から、『中高年をもっと味わい愉しむ、人生節目のサイコロトーク #1「喜怒哀楽」』オンラインイベントを、『イケマティックサーベイ Ikematic Survey』 さんと共同開催させていただきました。

イケマティックサーベイさんについては、こちらをご覧ください↓

40代前後の人たちなら、子供のころにやっていた昼間のサイコロトークとして思い浮かべることができる、「何が出るかな〜♪」のあれ形式で、参加者同士が『今の自分ができあがるに至った、人生の節目を語り合う』という内容でした。

わたしは『自分再認識セミナー』というコーナーで、まず、参加者へ『人生の節目』を振り返り、認識し、具体化(言語化)することを『節目のタイムラインを描く』担当。

このタイムラインを描いたあとに、サイコロトークで、節目を更に深める。

こんな流れでした。

サイコロトークでの節目の深め方は、自分で話すことに加えて、他の人の節目を聞いて、気づいたり学んだりするかたちもあり。

『楽しみながら、深める』というコンセプトがうまくハマるか、始まるまでわずかに不安がありましたが、その不安も杞憂に終わるくらい、充実の2時間になったと思います。

イベントを終えてみて思ったのは、「やっぱり、中年」。

社会での経験を10〜20年積んでいるだけあって、節目となった喜怒哀楽のエピソードが、必ずある。

掘れば、更に出てくる。

ひとつひとつの出来ごとが、それまでの、その人自身の経験をもとに考えられ、練られ、熟成されているから、味わい深い。

参加者それぞれが、同じような(似たような)経験をしていたりするので、その人の立場やそのときの感情がよりリアルに感じられ、共感の場が広がっていく感じでした。

天気もしっとり雨模様だったからなのか、ひとつひとつの話をじっくりと聞き入っていたからなのか。

サイコロトークに設けた1時間は、いつもの感覚よりも長く感じ、「良い時間を過ごせた」という充実感に満たされました。

『大人の節目のサイコロトーク』、第2段は時間帯を夜にして実施してみる予定です。

詳細が決まったら、またお知らせします。

市場の変化へ素早く適応できる事業と組織を作る

週に1度の振り返りとプランニングを通して、周辺環境の変化へ柔軟に適応した事業と組織作りを実現するハンズオンのコーチングサービスです。