人はそのままいるだけで価値がある

生き方

目標を達成することはすばらしい。

抜きん出た成果を上げることもすばらしい。

達成し続けることはすごい。

成果を出し続けることもすごい。

求められる役割を全うし続けることもえらいと思う。

では、これらができない人はダメな人なのだろうか?

良くない人、悪い人なのだろうか?

働く社会には定められた基準があるから、その基準で良し悪しを決められているだけではなかろうか。

じゃあ、この基準がなかったら、その人はどう見られるのか?

きっと、その人なりの個性に目がいくはず。

特徴とか、性格とか、考え方とか。

基準を外すと、その人そのままが見えてくる。

基準を持つと、その人の良し悪しを勝手に決めている。

勝手に決めているということは、周りの人も自分に対して勝手に良し悪しを決めているということ。

良し悪しに塗れた世界でお互いに生きていくのはしんどくないか?

その人そのものを見て、認め合って生きる方が嬉しくないか?

そう思う。

それから、

周りが見る自分を勝手に想像して、勝手に作り上げて、頑張っていやしないか。

心はイヤだと言っているけど、無理して働いていることはなかろうか。

役職とか年収とか成果とかに囚われて、他人より上に行くこと、上にいることへ躍起になっていやしないか。

疲れた心身を毎朝奮い立たせているんじゃないか?

それでも頑張ること、頑張り続けることは、自分の心や技術の成長に繋がるとは思うが、いつまでも続けていけるものだろうか。

どこかのタイミングで、「頑張りすぎない等身大の自分」を選択できないものだろうか。

そう思う。

何かができない

誰かよりできない

私には何の取り柄もない

あの人にあっても私にはない

できない自分が悪い

そういう風に思わなくていい。

考えなくていい。

今こうして生きていることで、あなたを必要としている人がこの世の中にはいる。

あなたと話した誰かは、あなたに救われたと思っている。

あなたをあなたとして見ている人がいる。

あなたには、あなたならではの役割がある

だから、生まれたことに意味がある。

できないことがあって良い。

できないから悪い、ダメなんてことはない。

何もないなんて、そんなことはない。

あなたが生きてここに存在していること、それ自体が価値

そう思う。

タイトルとURLをコピーしました